居住場所の安心や安全確保にネズミ駆除は重要

対策方法を考える

罠とねずみの足跡

繁殖力や生存力が高く、雑食のねずみは人間にとっては驚異的な相手です。昨今では、ネズミ駆除の対策が効かないスーパーラットが出没し、頭を悩ませている被害者も多くいます。江戸時代でも石見銀山ねずみ捕りというネズミ駆除対策が利用されていました。こうした殺鼠剤は未だにいろいろな形で開発されて利用されています。ネズミ駆除には他にもトリモチを利用したシートで捕獲する方法もあります。しかし、この2つの方法を取り入れるには一つのハードルをクリアする必要があります。そう、死骸の始末です。捕まえても殺しても、死骸を片付けないといけません。放置すると、そこからは腐臭、腐敗による体液が天井裏や床を侵食し、ウジやら虫が湧きます。ねずみは移動しながら糞尿をする生き物ですし、毒餌の成分を排出しようと排泄を行なうでしょう。無論、この状況では衛生環境は最悪です。これらを利用するには最終手段と考える方が妥当です。一番手を汚さずに済むネズミ駆除は忌避剤などでのねずみを退避させ寄せ付けない方法です。しかし、この忌避剤が効かない場合や、配置によっては中に押しやってしまう恐れもあります。ルートの把握と適切な配置が重要なのです。これらの対策はコツがいるので、業者に依頼すると良いでしょう。捕獲した場合も業者が始末をするので、自分でなんとかしなくても大丈夫なことも大きなメリットです。業者で依頼した場合には、清掃や殺菌殺虫も対処してくれるので大損害が起こっている場所を自分で掃除する必要もありません。