居住場所の安心や安全確保にネズミ駆除は重要

安全圏にしない方法

複数のハト

しばしば問題になる鳩の糞害。ベランダや屋上や車などに糞を落とされて、イラッとした人も多いでしょう。しかし、ちょっと掃除が面倒くさいと放っておくとろくでもないことになります。もしかしたら、鳩駆除を依頼するような大掛かりな対策が必要になるかもしれません。鳩は自分たちの糞を見つけると「ここは安全」と考えてしまいます。鳩の糞は安全圏の目印なのです。目をつけられたら、だいたいその建物全体に住み着きますので、安易に鳩が過ごしやすい環境を作らないようにしましょう。まず1羽2羽程度が寄ってくるだけなら、完璧に掃除をして水場をそこに置かないようにします。これだけで少しは対策になります。しかし、この時期を過ぎて大量に鳩が来るようになっている場合にはそれだけではどうにもなりません。掃除した横から糞が落ちてくるので、労力が段違いに上がります。カラスやヘビ、猫の人形などダミーを置くこともできますが、カカシと一緒で襲ってこないとわかると意味を成しません。何度か偵察に来て判断するので、この対策は居着かれてしまってからでは遅いでしょう。また対策ネットや猫よけマットなどで対策することもできますが、外観の問題からできない場合もあります。そうした時には専門業者に相談しましょう。対策用のネットの設置も隙間なく設置しなければ対策にはなりませんので、設置に自信がない場合にも相談して駆除を依頼する方が安心です。見積り依頼から相談してみても良いでしょう。