居住場所の安心や安全確保にネズミ駆除は重要

駆除依頼が一番効率的

白鼻芯

ハクビシン駆除は業者相談がオススメです。保護法や捕獲後の対処に、被害場所の改修掃除などを考えると自分で行なうよりも最も効率的なのです。業者なら一括で殺菌殺虫、改修まで行なうことができます。

もっと見る

人類とねずみの攻防

ねずみ

古来より人とねずみは安全な居住区を確保するために長い戦いを続けてきました。ネズミ駆除はすでに弥生時代頃から考えられていたようです。弥生時代の建築である高床式倉庫の足部分には、ねずみが登れないように鼠返しがついています。米を襲うねずみを退治するために、猫をたくさん飼っていたところもあったそうです。ネズミ駆除については、そこまでしなければならない理由があります。糞害、食害がひどく繁殖力の高いねずみは、病原菌を撒き散らすこともあります。人間としては居住区や食べ物の安全性を保つためにもネズミ駆除を行なう必要があるのです。ねずみによる細菌や病原菌の媒介にはさまざまなものがあります。チフス、ハンタウイルス、サルモネラの食中毒など多くの害があり、死に繋がるほど重い病気の菌も多いのです。ねずみの連れてくる病で有名なのは、ペストでしょう。ペストは和名を黒死病と言います。その名の通りに体に黒い斑点が浮かび、発熱や嘔吐などの症状がある死に至る病です。日本では海外からペスト菌のついたねずみが入り、ペスト感染が始まった際、懸賞金をかけてネズミ駆除を行ないました。これによりフランスほどの死者や被害者を出さずにペストを避けることができたのです。衛生環境の整った日本では今や感染被害はほぼないのですが、まだ海外では感染事例があります。ねずみの糞尿や死骸の腐敗で衛生環境を破壊されると、これらの病原菌感染や健康被害が起きる恐れもあるので早急に対処を行なうと良いでしょう。

安全圏にしない方法

複数のハト

鳩の糞には安全の目印という意味があります。安全圏として居着かれる前に徹底して掃除しましょう。対策グッズでも手遅れの場合には、業者に相談してしっかりと駆除を行ないましょう。

もっと見る

対策方法を考える

罠とねずみの足跡

ネズミ駆除にはいくつかの対策方法があります。しかし、どの対策にもメリットデメリットがあります。自分で捕獲器や殺鼠剤を使うと、死骸を始末して殺菌殺虫と掃除をしなければいけないので業者に依頼する方が楽でしょう。

もっと見る